主機関緊急起動と緊急離岸訓練のすすめ



四方を海に囲まれたわが国にとって、海運は国民生活や産業活動を支えるライフラインとして重要な役割を果たして来ました。
日本ほど海運が、特に内航海運が発達している国はありません。
国内基幹輸送において、地域と地域を結ぶ長距離輸送にその特色を発揮しているのが海運業であります。
この海運業の重要な役割を果たすためには、まず第一に「安全・安心輸送」でなければなりません。
海運業に携わるすべての船舶と船員は、海のルールを守り、日々の業務に安全、安心をモットーに、自らを鍛え、社会の負託に応えなければなりません。
私どもは皆様とともに、船舶の安全、船員の安全、積荷の安全を守るためにお手伝いをいたします。
いろいろの角度から、これまでの経験を活かして、その専門性を発揮して参ります。
皆様とともに、わが国の海を守り、「安全、安心な海上輸送を実現する」ために、船舶安全機構がお手伝いいたします。

                     理事長 城戸 良香